株はほんとに一発勝負?

株は一瞬で大金を得られることもあれば、一瞬で人生が終わるくらい損失が発生してしまうこともあります。余剰金を使った運用が基本ですが、とはいってもそれは自分のお金です。株取引を行なう際はすべての行動に理由をつけて行いましょう。

株取引で一瞬で大金を得た事例

過去に株取引で一瞬で大金を得た人の例で証券会社が間違った注文を大量に出すという前代未聞のご発注に乗じて瞬間的に大金を手にした人がいます。 株取引で一瞬で大金を手にするトレーダーの特徴としてデイトレや新規公開株(IPO)などの売買で短期で利益確定とする手法が多いです。
様々な投資成功者や金融関連のプロが予想や投資法を書籍やサイトで公開していますが、全く同じ手法で投資を行っても同じ結果となるわけではありません。
利ザヤ目的の短期投資で大きな利益を出す場合に必要な要素は、買いのタイミングや銘柄選びではありません。
長期で資産を増やすのであれば成長が期待できる銘柄を選び、財務体質なども確認しなければいけません。 短期での投資であれば、企業財務が悪化していようが株価さえ上がればよいのですから関係ありません。
瞬間的に大きく儲ける投資に取り組む場合、メンタルが重要となります。
損失を出すことを十分に理解し、あらかじめその時の対策を練っておくという、極めて冷静な判断でリスクの高い投資に挑みます。
ルールを決めておくことで損失を少なくし、さらなる投資に向き合うというメンタル面の強さを持たなければいけません。 損失が出たからとびくびくしていてはいけませんし、損失を悔むということもいけません。 損失自体も想定の範囲内として投資に取り組み一定のルールに従って大きな資金で投資を行う人が大金をつかむケースが多いのです。
度胸があっても計画性が無ければいけませんし、計画性は十分でもメンタルが弱ければリスクに対して対応できません。 短期で大金を稼いだトレーダーに共通する要素として資金管理がしっかりとされているという特徴もあります。

株取引で大きな損失を出した事例

株取引で短期的に大きな利益を出す方法として信用取引があります。
信用取引とは投資家が預ける保証金の何倍もの金額の株取引ができるため、少ない資産で大きな利益を出すことができます。また、信用取引は買いだけでなく、空売りすることができるので、株価が下がっても、空売りすれば利益になります。
信用取引の空売りは短期間で大きな利益を出す方法として好まれます。
なぜなら、ある銘柄に予期しない悪いニュースが発表されると、最初に投資家の投げ売りから始まって、信用買いの損切りにつながり、最後にパニック売りになることで、株価が急下落するからです。しかし、相場というのは思い通りにならないことがよくあります。
例えば、ある国で経済を悪化させるような出来事が起こり、その国で大きな収益を得ていた電気メーカーの業績が悪化すると予想して、信用取引の空売りをしました。最初は思い通りに株価が下落しましたが、時間が経つにつれて、下落の勢いがなくなり、変動の少ない状態になりました。将来的には電気メーカーの決算が悪くなると思っているので、一段の下落を期待しましたが、逆に、その出来事が起こる前よりも株価が上昇しました。含み損が大きくなり、最低保証金維持率を下回り、保証金を追加で入金する追証を行うか、損切りをするしかありません。空売りの怖いところは、株価の下値は1円未満になることはありませんが、上値は限りがありません。追証をしたところで、損失がより大きくなる危険性があるので、損切りすることにしました。
なぜ、株価が下落する可能性が高くても、上昇するのかというと、企業であれば経営改善、国家であれば経済政策を行い、経済の悪化を止めようとする動きがあり、投資家はその対応を評価して、投げ売りをせず、逆に空売りを仕掛けた投資家は損失買いをしたことが原因といえます。

株取引を行なう上で注意すること

株取引は元本割れのリスクのある資産運用です。投資家は企業の決算や今後の経営方針または経済ニュースによって、業績が伸びそうな銘柄を選びます。
しかし、将来は有事や競合他社に負けるなど、多くの不確定要素があり、将来的に伸びると評判のあった企業が1年もしないうちに、経営状態が悪い企業に変わることがあります。
株取引を行なう上で注意することは利益を得ることよりも、損失を最小限にすることを心掛けることです。
利益を得ることを考えると、優良銘柄だから、株価が上がると思い込んでしまい購入することがあります。優良銘柄は増収増益を織り込んでいるケースが多く、決算発表が予想よりも低い増収増益だと、株価が大きく下落する可能性があります。
損失を最小限にするように心掛けると、業績の見通しが良好で、PBR、PER、ROE、売上高純利益率からボロ株などの割安銘柄を選ぶことです。決算発表が予想より悪くても、もともと割安なので、株価が大きく下がるリスクは小さいといえます。
投資全般にいえることですが、冷静な判断も重要なことです。優良銘柄は投資家の注目を浴びて注目株となるため、一日の取引量が多く、株価の値動きが大きいため、短期的な利益を得ようと考えると優良銘柄を購入したくなります。逆に、割安銘柄は投資家が注目していないため、株価があまり変動しません。ただ、投資家が注目し始めると、株価が急上昇する可能性が高くなります。投資家がいつ注目するようになるのか、時期が明確でないため、長期的に割安銘柄を保有しなければいけません。また、投資家に注目されても、利益になったから、すぐに売るのではなく、冷静になって、割高感がでるまで売らないようにすることも重要です。
このような変動の見分けが得意でない方は投資顧問を利用しアドバイスを受けた方がよいでしょう。現在は様々な投資顧問会社がありますので、投資顧問ランキングをチェックして自分に合った会社を選んでください。